削皮法でタトゥー・入れ墨を除去する方法 | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > 削皮法でタトゥー・入れ墨を除去する方法

削皮法でタトゥー・入れ墨を除去する方法

タトゥー・入れ墨の除去には、削皮法と呼ばれる術法を行う場合もあるようです。
時間のない人におすすめの方法として知られている削皮法ですが、これはいったいどのような術法なのでしょうか。

削皮法(アブレージョン)とは

削皮法とは、漢字からイメージしていただければおわかりかと思いますが、タトゥー・入れ墨を皮膚ごと削り取ってしまう方法です。
削皮に使うものはクリニックにより様々ですが、カミソリ状の刃物や二酸化炭素レーザーを使うことが多いようです。
削り取った後は全体に火傷を負ったときのように皮膚が厚く盛り上がり、周囲の皮膚に比べるとくっきり色が違うのがわかります。
植皮法の場合は皮膚を移植して貼り付けますが、削皮法の場合はそのまま何もせず自然に傷口が治っていくのを待ちます。
施術には局所麻酔を使うので痛みはありませんが、治癒の段階で痛みやかゆみがでてくるため、傷口をかかないように気をつける必要があります。
削皮法で取り切れなかった墨が残っている場合は、患部にレーザーをあててやることで残っていた墨が消えることもあるようです。

削皮法のメリット・デメリット

施術にかかる時間が短いため、急にタトゥー・入れ墨を消したいという人にはとても向いている施術方法です。
皮膚を縫い合わせる必要もないので健康な肌に縫合痕が残らない点もメリットです。
レーザーに反応しない色でも消すことができます。
施術した後からレーザーをあてることで、さらに高い除去効果を発揮します。

皮膚を削るため、施術範囲に渡って火傷痕のような傷が残ることが難点です。
タトゥー・入れ墨除去の方法の中でももっとも傷が目立つ形で残るため、広範囲の施術だとかなり大きな傷痕となってしまうでしょう。
また、削皮法の場合、レーザーや植皮法に比べて施術してから患部が治るまでに時間がかかるようです。
削皮法も植皮法同様、施術痕から感染症にかかるリスクがあります。
削皮法はタトゥー・入れ墨除去手術の中でももっとも難しいと言われているので、腕の確かな医師にかかるように努めましょう。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら