植皮法でタトゥー・入れ墨を除去する方法 | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > 植皮法でタトゥー・入れ墨を除去する方法

植皮法でタトゥー・入れ墨を除去する方法

植皮法と呼ばれる治療方法も、タトゥー・入れ墨の除去によく使われる治療方法のひとつです。
レーザーとはまた違うタイプのタトゥー・入れ墨に、大きな効果を発揮するそうです。
果たして植皮法とは、いったいどのような施術方法なのでしょうか。
治療のメカニズムとそのメリットやデメリットについて、調べてまいりました。

植皮法(皮膚移植)とは

植皮法とは、タトゥー・入れ墨の入っている箇所を削り取り、その上から自分の皮膚を移植して消してしまう方法です。
やけどの治療にも使われている施術方法と言えば、イメージが浮かぶのではないでしょうか。
レーザーでは消しきれないような、広範囲或いは多色使いのタトゥー・入れ墨にも効果的な施術方法として知られています。
治療に長い時間をかけたくない、急ぎで消したい、そんな場合に選択されることも多い術法です。

植皮法には大きく分けて、全層植皮術分層植皮術のふたつの術法があります。
全層植皮術は移植する皮膚を全部切り取って移植してしまい、切り取った後は縫い合わせてしまう方法です。
こちらは比較的狭い範囲の施術あるいは、顔面や手など縫合に不向きな箇所の施術を行うときによく使われます。
対する分層植皮術、こちらの方がタトゥー・入れ墨除去に使用される術法としては一般的です。
皮膚をシート状に貼り付けるシート植皮術、貼り付けたい皮膚を小さめに分けて貼り付けていくパッチ植皮術、メッシュ状に加工された伸びに強い皮膚を貼り付けていくメッシュ植皮術、の三種類があります。
術後は皮膚の定着までに、だいたい1、2週間から1か月ほどかかります。

植皮法のメリット・デメリット

植皮法のメリットは、短期間でタトゥー・入れ墨を除去できることです。
レーザーだと何度も治療を繰り返さなければならなかったところを、数回の施術で治療することができます。
レーザーでは取り切れない深い墨や広範囲の墨に対応できるのも、植皮法のメリットです。

ただ、施術箇所に貼り付けた皮膚が壊死してしまうこともあり、そうなると再手術をする必要があります。
施術した皮膚の下に血腫が溜まってしまうこともあります。
これもやはり皮膚の壊死に繋がるため、再手術を行うことになります。
また、術後の患部に細菌が入って、感染症にかかるリスクがあることも知っておいてください。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら