刺青、タトゥーがあると生命保険に入れないの?小さいタトゥーはどうなる? | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > 刺青、タトゥーがあると生命保険に入れないの?小さいタトゥーはどうなる?

刺青、タトゥーがあると生命保険に入れないの?小さいタトゥーはどうなる?

生命保険は国民保険と違って法律による支払い義務は無いので、中には生命保険のお金を貯金した方が良いと言う人がいます。しかし日頃健康に気を使って元気な人でも、事故や心臓発作等によって一瞬で命を落とす事は現実にあります。莫大な資産があるなら別ですが、資産が少ない場合と自分が稼ぎ頭の場合、自分の収入が途絶えた後残された大切な人が生活に困窮する可能性は十分に考えられます。そうならない為に健康な時からコツコツ保険料を支払い、いざと言う時大切な人にまとまったお金を残せる様にする事が必要なのです。そうは言っても生命保険を扱う保険会社は商売なので、残念ながら加入を断られる事もあります。具体的には刺青やタトゥーが入っている人の中で、反社会勢力に準ずる人は生命保険に加入する事は出来ないです。反社会勢力で無くても刺青やタトゥーを入れる針で感染症にかかった人は、感染症を理由に断られます。逆に言うと反社会勢力を疑われる程の刺青やタトゥーじゃ無いのなら、その他の条件、告知義務をクリアーすれば保険は加入出来ます。しかし保険会社によっては契約時の約款に何センチ以上の刺青、タトゥーが禁止と書かれている場合もあります。この場合は確認されないからと告知を怠ると告知義務違反になる可能性があるので、生命保険契約時は刺青、タトゥーがあっても良いか確認しておくと安心です。保険会社によっては加入条件に感染症の検査が加わる事がありますが、それでOKが出ればいざと言う時確実に保険金が支給されます。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら