レーザー治療後に気をつけることは? | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去するための期間 > レーザー治療後に気をつけることは?

レーザー治療後に気をつけることは?

レーザー除去は皮膚にメスを入れずに治療できるため、タトゥー・入れ墨除去術の中でも人気の高い施術方法です。
ですが術後のケアを怠っていたりちょっと注意が足りなかったりしたことが原因で、術後の肌トラブルに悩まされる人がいるのも事実。
レーザー除去を安全に利用して快適に過ごすために必要なことは何か、気をつけるべきことは何か、一緒に考えていきましょう。

レーザーのあたった後の肌は敏感!優しくケアを

レーザーによる除去を行った後の皮膚は、レーザーの刺激を受けて非常に敏感な状態になっています。
照射直後は保護テープを貼って、刺激から肌を守ってあげるようにしましょう。
保護テープを貼っておくことで、無意識に手で触ってしまうのも防ぐことができます。

レーザー照射後の肌にとって紫外線は天敵!しっかりケア!

レーザーの照射から2週間くらいまでの間は、肌の状態がかなり不安定でデリケートにもなっています。
そんな時に肌の天敵となるのが紫外線
紫外線ケアを怠ると、色素沈着、シミ・そばかすなどの原因にも繋がります。
出来る限り紫外線にあてないように気をつけるとともに、日焼け対策や保湿ケアなどしっかり行って患部を紫外線から守ってあげましょう。

レーザー除去のダウンタイムは短め。だけど三日は見ておこう

レーザー除去術には、施術から回復までの期間いわゆるダウンタイムがないと言われていますが、施術直後から全く通常どおりというわけではありません。
やはり最低三日間ぐらいはダウンタイムと考えて、肌の回復に努める方が無難です。
例えば、施術から三日間は入浴を避ける、どうしても入浴したい場合は患部にお湯があたるのをできるだけ避けつつシャワーで済ませる、汗をかかないように気をつける、などの対策です。
夏場はなかなか難しいかもしれませんが、できるだけ患部を清潔に保つように気をつけましょう。
また、クリニックによっては抗生物質の服用指示が出る場合もあります。
その場合は、与えられた指示どおり服用するように気をつけましょう。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら