1日でタトゥー・入れ墨を消す方法はありますか | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去するための期間 > 1日でタトゥー・入れ墨を消す方法はありますか

1日でタトゥー・入れ墨を消す方法はありますか

「大至急タトゥー・入れ墨を消したい!一日で消してほしい!」
タトゥー・入れ墨除去を希望する人の中には、そんな切羽詰まった状況の人も時折見られます。
そんな人のため、タトゥー・入れ墨除去を一日でする方法を幾つかピックアップしてご案内します。

小さなタトゥー・入れ墨ならレーザーがおすすめ

黒や青あるいは赤など一色で比較的狭い範囲に渡るタトゥー・入れ墨なら、レーザーを一度照射するだけで目立たないくらい薄くすることも可能です。
特に自分で彫ったものであれば、墨もあまり深いところまで入り込んでいないことが多いため、かなり高い効果が期待できます。
レーザーならメスを入れることなく除去できるので、術後数日から一週間程度で患部の腫れもひいてきます。
ピコレーザーのようにカラフルなタトゥー・入れ墨にも反応するレーザーを使えば、多色使いのタトゥー・入れ墨もレーザーで対応が可能です。
こちらは患部を削り取るため施術後最低1か月は赤みや腫れが残りますが、施術自体は基本的に一日で終了します。

レーザーに反応しないタトゥー・入れ墨の除去を一度で済ませたい場合は?

レーザーに反応しやすいものならレーザーでも一日で治療可能ですが、中にはレーザーに反応しないタイプやレーザーでは一日で薄くすることは不可能なタイプも存在します。
そういった場合でも一日でどうしても治療を済ませたい、そんな人には削皮法・植皮法がおすすめです。
皮膚に傷が残ってしまうのがネックですが、一度の治療で広範囲のタトゥー・入れ墨でも取り去ることができるのがメリットです。
植皮法の場合、植皮した皮膚が生着せずに壊死した場合は再手術となってしまうため、必ずしも一日で治療が終えられるとは限らない点だけ知っておいてください。
また、これらの方法は体にメスを入れるので、手術自体は一日で終わってもその後腫れがひいて患部が落ち着くまで数ヶ月かかります。
「いつまでに消したい」という期日の希望がある人は、できるだけ早めに施術を受けた方が良いでしょう。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら