タトゥー・入れ墨は何回通えば消せますか? | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去するための期間 > タトゥー・入れ墨は何回通えば消せますか?

タトゥー・入れ墨は何回通えば消せますか?

タトゥー・入れ墨除去には、一度の施術で済む場合もあれば複数回治療を受けなければいけない場合もあるようです。
できれば少ない回数で済ませたいところですが、それにはどのような除去方法を選択すれば良いでしょうか。
ここでは、タトゥー・入れ墨を除去するために必要な通院回数をテーマにご案内します。

もっとも短期間に終わらせたいなら削皮法

削皮法(アブレーション)は、狭い範囲から広い範囲まで短時間で施術可能な除去方法です。
とにかく少ない回数で済ませたいという場合は、削皮法を選ぶ人が多いようです。
植皮法も比較的短期間に終わる施術方法ですが、移植した皮膚が壊死して再手術となる可能性もあるため、必ずしも短期間で終わるとは限りません。
この他に、施術箇所を切除して縫合する方法もありますが、施術が広範囲に渡る場合やデザインが複雑な場合などは分割切除を行う必要が出てくるため、こちらもやはり必ずしも短期間で終わるとは限らないのが難点です。

レーザーは条件次第!

レーザーによる除去は、基本的に「消す」ではなく「薄くしていく」除去方法です。
そのため一度や二度ではきれいに消えず、5回、6回と何度も通う必要があります。
もっとも、レーザー治療は必ずしもそれだけの回数通院しないといけないわけではありません。
中には一度か二度のレーザー照射で終わる人もいます。
例えば、レーザー治療と相性の良い、黒や青などの単色のみで浅く彫られたタトゥー・入れ墨です。
このようなタトゥー・入れ墨は、一度の照射でかなりの効果が期待できるため、一度で十分満足のいく結果が得られる人も多いのです。
逆に黒や青一色の浅いタトゥー・入れ墨以外は、レーザーだと時間がかかる場合が多いようです。

治療にかかる回数は、消したいと思っているタトゥー・入れ墨の大きさやデザインにも大きく影響されます。
まずはクリニックで医師のカウンセリングを受けて、希望をしっかり伝えた上で納得のいく方法を選択しましょう。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら