タトゥー・入れ墨を除去するのは難しい? | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去するための費用 > タトゥー・入れ墨を除去するのは難しい?

タトゥー・入れ墨を除去するのは難しい?

最近は、気軽な気持ちでタトゥーや入れ墨を入れる若者の姿が目立ちます。
タトゥー・入れ墨は入れる時はファッション感覚で気軽に入れていますが、除去するとなると難しいものです。
さて、何故タトゥー・入れ墨の除去は難しいと言われているのでしょうか。
その理由について探ってみましょう。

タトゥー・入れ墨は完全に消すことができない

皆さんももう既にご存知かもしれませんが、タトゥー・入れ墨は一度入れると100%完全に消えることはありません
タトゥー・入れ墨の墨は新陳代謝の行われない真皮層に達しているため、そこにメスやレーザーを入れる以上、必ず何かしらの痕は残ってしまうからです。
目立たなくすることは可能ですが、それもタトゥー・入れ墨の状態によりけりなので、総合的に見るとタトゥー・入れ墨の除去は難しいという結論になります。

治療には結構なお金がかかる

タトゥー・入れ墨は、入れる際にも彫り師に頼めばそれなりに費用がかかりますが、除去手術はさらに多くの費用がかかります。
例えばレーザーの場合、何ヶ月もかけて何度も治療を受ける必要があるのでその分治療費は膨れていきます。
植皮術の場合、植皮した皮膚が生着せずに壊死して再手術が必要となれば、その分やはり費用がかかっていきます。
費用はピンからキリまでありますが、目安として彫った時の10倍程度が平均と考えていたらいいでしょう。
特に広範囲の除去の場合、治療費の用意がかなり大変です。
傷痕はどうしても目立つ上に、治療にかかる費用も何百万を覚悟しなければなりません。

施術方法によっては目立たなくなるまでかなりの時間と労力がかかる

タトゥー・入れ墨の除去が難しいと言われている理由には、消えたと言えるほど目立たなくなるまでにかなりの時間と労力を要するからというのもあげられます。
レーザーの場合、数ヶ月に一度しか照射できないため、通院期間がどうしても長くなりがちです。
その間に心が折れて通うのを辞めてしまう人もいるようです。
除去手術により皮膚にやけどを負ったりメスを入れたりと、体にかなり負担がかかるのもネックです。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら