タトゥー・入れ墨の除去治療の効果 | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > タトゥー・入れ墨の除去治療の効果

タトゥー・入れ墨の除去治療の効果

タトゥー・入れ墨除去治療、どうせやるなら少しでも高い効果を期待したいところです。
そこで今回は、タトゥー・入れ墨除去治療の効果がもっとも期待できる条件はどんなときか、調べてまいりました。
除去手術をより効果的なものにするためには、どんな条件の下で行うのが良いのでしょうか。

タトゥー・入れ墨の除去治療、効果がもっとも期待できるのはどんなとき?

まずレーザー除去の場合、手彫りで墨汁を使ったものはレーザー除去術との相性が非常に良いと言われています。
その理由は、墨汁が黒一色でレーザーに反応しやすく、墨汁の分子を小さく砕きやすいためです。
手彫りは彫りが浅めなことが多く、特に自分で彫った場合は、痛みから墨の量も少なく浅い彫りになりがちです。
このような場合は、たった一度のレーザーでもかなり目立たなくなるまで薄くできる可能性もあります。

短時間ですぐ効果が欲しい人は、削皮法が優れています。
場合によっては傷痕が大きく残ってしまうリスクはありますが、除去範囲の広さと医師の腕次第では一度の治療で高い効果が得られる施術方法です。

ひとつの除去方法だけでは十分な効果が得られない場合も

レーザー除去にしろ削皮法にしろ、それ単体でも十分な効果が得られる場合もありますが、時には単体で思っていたほどの効果が現れないこともあります。
例えばレーザー除去の場合、レーザーを何度も照射しているうちにやけど痕が墨の表面を覆ってしまい、レーザーの熱や光を反射するようになってきます。
そうなると、その部分はレーザーによる治療効果は期待できなくなります。
そんな場合に活躍するのが、削皮法を代表する、他の治療方法です。
逆に削皮法を施してかなり消えたものの、まだ少し墨が残ってしまっているという場合。
この場合も残っている墨の上からレーザーをあててやることで、更なる治療効果が期待できます。

タトゥー・入れ墨除去は、ひとつの施術方法で消せる場合もあれば、複数の施術方法を組み合わせた方が上手くいく場合もあるので、まずは医師のカウンセリングでしっかり相談をしてみましょう。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら