気になるドッグイヤー跡を治したい! | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > 気になるドッグイヤー跡を治したい!

気になるドッグイヤー跡を治したい!

皆さんは、ドッグイヤーってご存知ですか?せっかくきれいにしたくてタトゥー除去の施術をしても、ドッグイヤーができると台無しになってしまいます。ここでは、ドッグイヤーって何?から始まって、ドッグイヤー跡を治す方法まで紹介します。

ドッグイヤーとは

ドッグイヤーとは、傷口を縫い合わせる際に傷口の端っこがぷっくりと山のように盛り上がってしまうことです。見た目がまるで犬の耳のような形なので、ドッグイヤーと呼ばれるようになりました。ドッグイヤーはきれいに縫合されていても出現することがありますが、その場合は時間が経つにつれて少しずつ平坦に落ち着いていき、最後は目立たなくなります。
小さなタトゥーや細長いタトゥーを除去する場合は、ドッグイヤーになることも少ないのですが、大きめのタトゥーや縦横の比率が少ないタトゥーを除去する場合は皮膚を縫い合わせる際に歪みが生じやすいことから、ドッグイヤーが現れがちです。対策として、ドッグイヤーが生じやすい形のタトゥーを除去する場合には、紡錘型ではなくジグザグの切除が行われることが多いようです。

ドッグイヤーを治すには

ドッグイヤーは、タトゥー除去に限らず様々な外科手術で起こりうる症状ですが、治す方法はあるのでしょうか。
実は美容外科・形成外科では、ドッグイヤーの修正治療も行われています。タトゥー除去の術跡なら、施術を受けたクリニックでまずは相談してみるのが良いでしょう。もしかしたら、平坦になる途中の可能性もあります。
何らかの理由で別の医師の診察を受けたい場合は、できるだけ熟練の医師、それもドッグイヤーの施術経験が豊富な医師を探すようにしましょう。

ドッグイヤーの修正治療の方法

ドッグイヤーの修正は、犬の耳のように盛り上がった部分をつまんで、その部分だけ切除する施術になります。経験豊富な医師なら一度の修正で上手くいきますが、経験の浅い医師にあたると、修正に次ぐ修正となってしまう危険もあるため注意が必要です。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら