火傷跡を消すには?おすすめの治療法 | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > 火傷跡を消すには?おすすめの治療法

火傷跡を消すには?おすすめの治療法

火傷跡をきれいに消そうと思ったら、医療に頼るのがもっとも効果的です。火傷跡を消すには、どのような治療方法が良いのでしょうか。おすすめの治療方法について、一緒に考えていきましょう。

おすすめは美容外科のレーザー治療

火傷跡の除去術でもっともおすすめなのは、美容外科クリニックのレーザー治療になります。その理由は、火傷跡がいちばんきれいになりやすいからです。
レーザーにもいくつか種類がありますが、火傷の状態や患者の希望によって仕上がりは変わってきます。火傷の跡だとわからなければ良い場合は、火傷跡に軽く照射してデコボコを取り除く治療方法が選択されます。できるだけ火傷跡を薄くして目立たなくしたい場合は、レーザーで色素を分解していく治療方法となります。メスを入れずに施術ができる点は魅力ですが、治療が完了するまでに何度も通う必要があり、時間がかかります。

皮膚移植による治療方法が選択される場合も

皮膚移植は、傷跡が残ってしまうことがデメリットですが、施術の回数は基本的に一度で済みます。火傷跡に皮膚を移植するため、火傷跡はきれいに消えます。ですが、逆に移植した皮膚の傷跡が目立つこともあり、必ずしもきれいに消せるとは限らない点に注意が必要です。
皮膚移植による治療は美容外科でも形成外科でも可能ですが、美容外科の場合、見た目の美しさも意識した施術が行われるため、仕上がりはきれいになる傾向があります。特に傷跡・火傷跡の除去術を担当する医師は、美容外科の専門医であると同時に形成外科の専門医であることも多く、美容外科と形成外科の差はあまりなくなっているとも言えます。
ただし、火傷の跡がかなり重症かつ広範囲の場合は、レーザーによる施術に加えて切除法や皮膚移植などあらゆる治療方法が選択できる形成外科に行く方が良いでしょう。

レーザーにせよ皮膚移植にせよ、医師の技術次第で効果の表れ方に違いが出てきます。どちらの治療方法を選択するにしても、まずは信頼できるクリニックや医師を見つけましょう。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら