紡錘型切除のメリットとデメリットを徹底解説 | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > 紡錘型切除のメリットとデメリットを徹底解説

紡錘型切除のメリットとデメリットを徹底解説

タトゥー除去術のひとつに、紡錘型(ぼうすいがた)切除と呼ばれる施術方法があります。成功すれば完全にタトゥーを消すことができる除去方法ですが、もちろんそこにはメリットとデメリットが存在しています。紡錘型切除のメリットとデメリットとは、どのようなものなのか、詳しく解説いたしました。

紡錘型切除とは

紡錘型切除とは、タトゥー切除術のひとつです。タトゥーの入った箇所の外側を葉っぱ型に切って縫合する方法で、縫合した跡は直線状になります。比較的小さめのタトゥーや細長いタトゥーの除去に向いている術法です。
施術できる大きさは、皮膚がどれくらい余っているかによって違ってきます。お腹など皮膚にかなり余裕がある部位なら、4~5cmくらいのタトゥー除去も可能です。逆に指のように皮膚にほとんど余裕がない場合は、1cmの除去も難しくなってきます。

紡錘型切除のメリットとデメリット

紡錘型切除を行うメリットは、切除後はタトゥーがきれいに除去できる点です。タトゥー全体を切り取ってその後を縫合するので、タトゥーの絵柄が残ることはありません。傷口も直線が一本残るだけで、ぱっと見ただけでは何の傷跡なのかわからない点も魅力です。
しかも手術の回数は、大抵の場合一度で済みます。

逆に紡錘型切除のデメリットは、術後の切り口が引っ張られて赤黒いケロイド状に盛り上がってしまうリスクがある点です。タトゥーの外側を切るために傷口が大きくなりがちな点と、必ず術後の傷口が残ってしまう点もデメリットと言えるでしょう。

できる限りリスクを回避するためには

デメリットによりもたらされるリスクを回避し、上手くメリットを享受するためには、やはり信頼できる腕の良い医師の施術を受けることが大切になってきます。
当サイトでも評価の高いクリニックや医師の情報を集めておりますので、ぜひこれらの情報を参考にしながら、ご自身にぴったりのクリニックを見つけてくださいね。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら