刺青・タトゥーがあると教師になれない? | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > 刺青・タトゥーがあると教師になれない?

刺青・タトゥーがあると教師になれない?

刺青・タトゥーを入れている人が教師になりたいと思った場合、気になるのが「刺青やタトゥーを入れていても教師になれるのかどうか」ではないでしょうか。法律上の問題や採用試験上の問題など、気になるポイントをひとつずつ説明いたします。

法律上の問題より倫理上の問題が

刺青・タトゥーを入れていても、教師になることは可能です。
公立校の教師の場合は公務員にあたるため、国家公務員法や地方公務員法、学校教育法などの欠格状況が絡んできます。これらの法律で定められている欠格条項に目を通すと、刺青やタトゥーは欠格条項には含まれていません。つまり、法律上は教師になることもできるし、教員採用試験も受けられます。

とは言うものの、教師とは教育者であり、子どもたちを始めとするたくさんの人たちを教え導く立場です。そのため、教育上良くない行為は採用試験において不利に働く可能性があります。法律上は問題なくても、倫理上好ましくないと考えられてしまうということですね。ちなみに私立校教師の場合は公務員にはあたらないため、各私立校の就業規則に則った判断となります。

教員採用試験で刺青・タトゥーについて聞かれたら

教員採用試験の面接で刺青やタトゥーがあるか聞かれたら、皆さんはどう答えますか?あると正直に答える方、ないと答える方、答えは大きく分けて二つですが、どちらの答えにもメリットとデメリットがあります。

あると答えた場合、教育上の観点から望ましくないと捉えられ、採用に響く可能性はあります。ただし、採用までに消す場合は問題ないと思われるかもしれません。

ないと答えた場合は、その場は問題なく凌ぐことができるでしょう。ただし嘘をついたことになるので、後でバレたときが大変です。虚偽の申告をしたことにより、最悪の場合、採用取り消しの処分を受ける可能性まであります。学校なら修学旅行のお風呂など、刺青やタトゥーが見つかる危険は十分考えられます。

これから教師になりたい方は、これらのことを踏まえた上で、刺青・タトゥーをどうするか考えましょう。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら