リストカットの傷跡を隠す方法 | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > リストカットの傷跡を隠す方法

リストカットの傷跡を隠す方法

入れ墨・タトゥーと同様に、リストカットやアームカットの傷跡に悩む方も大勢います。これらの行為に至る理由は人それぞれですが、ほぼ大半の方が、やったことを後悔しています。その理由は、どれだけ薄く切っても一度切った傷跡は消えることがなく、一生残ってしまうためです。「夏でも半袖が着られない」「腕を見せる制服の仕事に就けない」そんな悩みを持つ皆さんのため、リストカットの傷跡を隠す方法について調べてまいりました。

リストカットの傷を隠す方法

リストカット跡を隠すには、基本的にタトゥー隠しと同じような方法が使えます。

リストバンドや腕時計、アクセサリーで隠す

手首に1本や2本くらいの傷跡なら、腕時計アクセサリーでも十分隠せます。もう少し傷が増えても、狭い範囲ならリストバンドで隠せるでしょう。ただし、腕時計やアクセサリーの隙間から傷跡が見える可能性は避けられません。リストバンドの場合、毎回付けていると不自然に思われることもあるでしょう。

絆創膏で隠す

こちらも傷が1つだけなら絆創膏化粧で隠す

ファンデーションコンシーラーを使って隠す手もあります。少々広い範囲でも隠せるのが便利です。顔用のものでもかまいませんが、より安心できるのは、ボディ専用タイプの使用です。ただしボディ専用タイプの化粧品は少々割高になります。

シールで隠す

タトゥー隠しのシールファンデーションテープなら、傷跡の範囲に合わせて隠せるので便利です。どこにでも売っているものではありませんが、最近ではネット通販で手軽に購入できるようになりました。

根本的に傷跡を除去するならクリニックへ

リストカットの跡を100%きれいにとはいきませんが、ほとんど目立たなくすることはできます。それは、美容外科クリニックで治療を受けることです。費用と時間がかなりかかりますが、根本的な解決をしたいならクリニックの利用を検討してみてはいかがでしょうか。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら