ボディファンデーションで隠すには | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > ボディファンデーションで隠すには

ボディファンデーションで隠すには

入れ墨・タトゥーをボディファンデーションで隠すには、どのような点に注意しながら使用すれば良いでしょうか。ここではボディファンデーションの特徴と使用方法、タトゥー隠しに使用する場合の注意点をまとめました。

ボディファンデーションとは?

ボディの黒ずみやシミそばかすなどを隠せるように作られている、ボディ用のファンデーションです。顔用のファンデーションよりカバー力が強く、油分が多めなためにのびも良くて崩れにくいため、入れ墨やタトゥー隠しに愛用している人も大勢います。タトゥー隠しには、コンシーラー機能付きのボディファンデーションを使う方が便利です。

ボディファンデーションの使用方法

使用したい部位の汚れや水分をキレイに拭き取ったら、必要な量をスポンジまたは指に取って、使用したい部位に塗るだけです。量が少なすぎても多すぎても浮き上がって見えてしまうので、ちょうど良い分量がどれくらいかわかるように事前に練習すると良いでしょう。
コンシーラー機能がついていない場合は、ボディファンデーションを塗る前にコンシーラーを使用するようにしてくださいね。

使用時の注意点

ボディファンデーションを使用する際の注意点を、参考にまとめました。

タトゥー隠し用にはウォータープルーフを選ぶと良い

せっかくタトゥーをきれいに隠しても、汗や水で落ちてしまっては台無しになってしまいます。そんな事態を防ぐには、ウォータープルーフタイプのボディファンデーションを選ぶようにしましょう。

着衣によるこすれに注意

着衣でこすれると、こすれた部分がはがれたり着衣に付いたりすることがあります。対策として、着衣の部分にはあまり塗らないか、仕上げにヘアスプレーを軽く吹き付けると良いでしょう。

使用後のスキンケアはしっかりと行う

一般的に、ボディファンデーションは顔用のものより油分が多いので、肌への負担もその分大きくなりがちです。使用後はすぐクレンジングで洗い流し、保湿をしっかり行いましょう。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら