タトゥー・入れ墨を除去するときの痛み | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > タトゥー・入れ墨を除去するときの痛み

タトゥー・入れ墨を除去するときの痛み

タトゥー・入れ墨の除去をする際には、レーザーにしろ切除や植皮をするにしろ、大なり小なり痛みが伴います。
「できれば痛みの少ない方法を選びたい」
「痛さを聞いてから除去するかどうか決めたい」
そんなあなたにぴったりの情報を、これからご覧いただきます!

痛みに強い人向け!?レーザー除去の痛みについて

レーザー除去と言えば、切らずに光を当てるだけなので一見痛みはなさそうなイメージですが、実はかなり痛いそうです。
実際に施術を受けた人によると「あまりの激痛で転げまわるほど」ということでした。
これはレーザーが発する熱により内部でやけどを負うからで、タトゥー・入れ墨を入れる時よりレーザー除去の方が何倍も痛みは強いということです。

どういうタイプの痛みかというと、太いゴムをバチーンとはじいたような痛みが施術中はずっと続きます。
特に黒によく反応するため、黒い部分にあたると痛みが増します。
施術中の痛みはかなり強いものの、術後数日でレーザーの痛みはなくなって、次第に落ち着いていきます。
痛みが長く続かないのはいいことですが、レーザーの場合、除去術を何度か繰り返すことになるのでその都度覚悟が必要です。
痛みに弱い人は、レーザーではなく別の方法を選択する方がいいかもしれません。

植皮法と削皮法は、痛みは少ないものの後からくるかも?

どちらも「皮膚を削り取る」というイメージからかなり痛そうに思えますが、施術中は局所麻酔をかけるため、案外痛みは少なくて済みます。
ただし、これらの術法における痛みがやってくるのは、主に施術後です。
最初の数日は、縫合箇所がズキズキと疼き、中には鎮痛剤が必要な人もいます。
数日間の強い痛みを乗り越えたら、抜糸までの間は軽い痛みが持続します。
もっともこれは人によりけりで、チリチリとした程度から動かすのもつらい痛みまで様々です。
施術範囲の広さにもよります。
植皮法の場合、タトゥー・入れ墨の箇所だけではなく移植に使った皮膚を切り取った場所にも、ズキズキとした痛みがあります。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら