タトゥー消しコンシーラーを使いこなそう | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > タトゥー消しコンシーラーを使いこなそう

タトゥー消しコンシーラーを使いこなそう

入れ墨・タトゥー隠しに人気が高い方法のひとつに、コンシーラーを使用する手があります。タトゥーを消す際に使われているコンシーラーとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

タトゥー消しコンシーラーにはどんなものがある?

入れ墨やタトゥーを消すためのコンシーラーと言っても、基本的には、普段シミそばかすを隠す際に使われているメイク用のものを使うことができます。
もっとも、範囲が広い場合や通常のコンシーラーでは図柄が消えないといった場合には、超強力コンシーラーを使用するのも良いでしょう。超強力コンシーラーとは、通常のコンシーラーに比べて数倍のカバー力を有するコンシーラーです。タトゥー消しにはもちろん、通常のコンシーラーでは隠せないシミそばかすやクマなどを隠すのにも好まれています。価格も安いものなら2,000円台からあるので、そこまでお財布に負担がかかるわけでもなさそうですね。

コンシーラーの選び方

コンシーラーを選ぶ時にまず考えなくてはならないことは、隠したい図柄の大きさや薄さです。ワンポイント程度のタトゥーや薄いものなら、メイク用のものでも消せますが、それより大きく濃くなると超強力コンシーラーを使用した方が消しやすいでしょう。
購入の際には、汗や水に強いウォータープルーフを選んだ方が便利です。リキッド、クリーム、ペンシル型など種類も様々ですが、カバー力で選ぶならペンシル型がベター。範囲の広さで選ぶならリキッドかクリームです。

超強力コンシーラーを使う際の注意点

「超強力」コンシーラーと冠するだけあり、使用には注意点があります。もっとも注意が必要な点は、肌への負担です。超強力コンシーラーは、その仕様から肌がとても乾燥しやすくなっており、元々乾燥肌の方が使用すると肌が荒れる可能性もあります。また、落とす時もなかなか落ちないため、ついこすり過ぎて肌が傷ついたなんてトラブルも時折耳にします。超強力コンシーラーを使用した後は、肌の手入れを怠らないようにしたいですね。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら