タトゥーカバーシールの選び方 | 福岡で刺青・入れ墨・タトゥーを除去できるクリニック比較ランキング | タトゥー・入れ墨除去の方程式

タトゥー・入れ墨除去の方程式
福岡で入れ墨・タトゥーをキレイに除去できるクリニック > タトゥー・入れ墨を除去する方法 > タトゥーカバーシールの選び方

タトゥーカバーシールの選び方

入れ墨やタトゥーを簡単にカバーすることができるシールが、今タトゥー愛好者の間で人気となっています。利用者の間では、手軽で便利と言われているタトゥーカバーシールですが、自分に合ったタイプを選ぶには、色々コツがあるようです。

タトゥーカバーシールの選び方

まず初めに、タトゥーカバーシールの選ぶ際の注意点をまとめたので、ご覧いただきましょう。

肌の色に合わせる

シールを選ぶ際に大切なことは、ご自身の肌の色に近い色のシールを選ぶことです。肌の色と大きく違っていると、そこだけ色がはっきり浮き上がって目立ってしまいます。初めての利用でどれが自分の肌に合うかよくわからない場合には、お試しセットも売られているので、そういったセットを購入すると良いでしょう。

貼り続けることができる期間を確認する

現在販売されているタトゥーカバーシールでもっとも多いタイプは、一週間くらい貼り続けられるタイプです。肌が弱い人や汗かきな人は、1日交換タイプなど期間が短いシールを選ぶ方が良いかもしれません。

薄手のタイプが良い

タトゥーカバーシールはメーカーによって厚さも色々ですが、あまり厚みがあるとそこだけ浮き上がって見えるため、タトゥーを隠していることがすぐわかってしまいます。また、肌の色に合わせたい場合や絵柄が透けて見えてしまう場合、薄手のものなら2枚重ねて貼ることも可能です。

タトゥーより大きいサイズを選ぶこと

タトゥーより小さなシールを選んでしまうと、シールから絵柄がはみ出してしまいます。かといって何枚も使用すると、シールの重なりができたりしてデコボコが発生します。1枚で隠せるように、シールは大きめのサイズを選んでタトゥーに合わせてカットするようにしましょう。

タトゥーカバーシールの使い方

タトゥーカバーシールの使い方は簡単です。
隠したい箇所にシールを貼り、水で濡らしたタオルなどでシールを押さえて肌にしっかり密着させます。そしてシールが肌にくっついたことを確認したら、シートを剥がせば完了です。
ただしこれは基本的な使い方なので、もしシールに説明書がついていたら、説明書のやり方を優先してくださいね。


タトゥー・入れ墨除去
クリニックランキングはこちら